お花屋氏、お舞い戻りなさい!勢いそうでよかった

今日は、帰宅途中に賑やかするような物事がありました。
忽ち、10お天道様程度も会社を閉めていた街角の花屋さんが、ようやっと会社を続開したのです。
この店は3年頃ほど前に出来たお会社で、スタート当初からみんなのまぶたを引いていました。
「いいお会社ができたのよ」とその支持は瞬く間にクチコミで近隣にひろがり、その会社に行けばご近所の者ってバッタリ顔を合わせることもしばしばです。なんと言っても、これだけどんどん買ってこういうおフィーでいいの、というほどのお手頃単価。切り花は一抱えもある個数でほぼ全部300円。苗は、たとえばサルビアが二つで100円という安さだ。単価が安いと言うだけでなく盆暮れを除いて営業。しかも夕刻7時半まで営業している結果仕事帰りのみなさんも買って帰れるのが魅力です。

ご店主は30代くらいの紳士。「使い道詰め込みでくたびれませんか」といったこちらのほうが心配になるのですが、ご本人は「在宅に居ても暇ですからね」って笑っておわり。但し、3人の子供の父親でもあります。

今日、会社を閉めていた理由は、流感をこじらせて入院していたから。住まい静養ですませたかったけど、お先生さんが「強要住まいには帰らせませんからね」といった病院に留め置いていたのだとか。まぁ、大事に至らなくてよかった。常連の方々は口々にそんなに言いながら、今日も何束という花を抱えて帰って壊れました。今では、この界隈でなくてはならぬ大切なお会社の一つになっています。お嬢様酵素 店舗販売