もの悲しい連絡が飛び込んできてしまいました。

きのう、私のいる地元のモールで
通り魔殺傷案件が発生してしまいました。
不審人は30勘定の男性で「合同狂乱症」を長年にわたって
患ってあり「これで終わりにしたかった。」
「死刑になれば人生が終わらせられると思った。」と
冷静に警察に対して答えていたそうです。
死者は洗い浚い奥さんでした。
60勘定女性が1名亡くなり、70勘定奥さん1名が重傷
40勘定と30勘定女性が軽傷との状況でした。
やはり不審人が過失もない関係ない市民に
刃物で刺した状況に関しては無理矢理小さい事です。
私もこういう記事を見た時はそんな機嫌でした。
そのあとに、たまたま頭に浮かんだのが
小学校時代の同級生の事を思い浮かべました。
その同級生は外見上は人類と全く同じですが
いわゆる「智遅滞」を有する子どもでした。
そのために、本当をさっぱり知らない奴に
DVに間近い話を受けてたりしていたのを
思い出しました。通常その子どもは中学校から養護塾へ赴き
人類とはごとな生活になりましたが、出来上がり持って
そういった不具合や現象を持って苦しむ奴は
世の中にたくさんいると思います。
こういう不審人もそういった内ストレスから
こんな故障所作に出たのかもしれませんね。エピレ 2箇所 500円