玉ねぎつめ放題について考えてみた私のソリューション

この間、スペシャルに行ったときに方がむらがっていたのでちょいのぞいてみるとそこでは「玉ねぎの詰め込み放題」をやっていました。婦人の方が、楽しそうに(必死の方もいました)詰め込み放題をしていました。カバンいっぱいに詰めて要るカタチは私もやってみたいなと想うほどでした。しかし、ボクは同ジェネレーションの友人の中ではケチな人なので少々考えました。ちゃんと玉ねぎ詰め込み放題はお得なのかということです。私の持ち家は、未だに1年代の娘と彼氏の3方一生だ。きっちりいって玉ねぎは一回に取り扱うかさは半タマだ。そういう人引き取り手に詰め込み放題の取り分ほど必要なわけありません。つまり、手広く買ってしまうとあまってしまう。玉ねぎなんてなんでもクッキングに扱うからあれば困らないと思うかもしれませんが、それが仕掛けだとボクは思っています。その日、またはそのウィークに必要な材質しか買わないポリシーのボクはあれば扱うだろうというセンスは欠けるのです。ですから、本当は詰め込み放題に挑戦してみたかったけれどぐっと堪えてひとつ売りの玉ねぎを買いました。あんなメッセージを、ごちそうら彼氏にしたら「お前はケチ精神がすばらしい」と笑ってくれました。でも、ほんとうに得なのは本当にどっちなのでしょう。大引き取り手なら、絶対に詰め込み放題で買った方が得なのは聞き取れるんですけど、これからも研究をしていこうと思っています。あんな、玉ねぎ概要でした。笑